2002/3/30new
 
花粉症の減感作療法とは…

イラスト内服薬、点眼点鼻薬を使用しても症状がおさえられない場合、「減感作」という治療を行います。薄めたスギのエキスを注射しますが、徐々に濃度を上げていくため初年度は1週間か2週間に1度づつ行います。ある程度濃度を上げる事ができたら、後は2ヶ月に1度になります。有効率は7〜8割といわれていますが、スギだけでなくアレルギーを持つ方と他にもアレルギーのある方では効果に差があるようです。


花粉症の治療

スギ花粉によって起こるアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎を「花粉症」と呼びます。当院では抗アレルギー剤にも1日1回飲むタイプのもの、1日2回飲むもの、鼻水を止める作用の方が強いもの、鼻づまりの方によく効くもの、眠くなる可能性のあるもの、眠くなりづらいもの、いろいろ種類がありますので、診療の際ご相談ください。





Since 9 Feb.2002
Copyright (C) 2002 Matsubara Clinic All Rights Reserved.
このサイト運営に関するお問い合わせは下記までメールでお願いします。
mail: matsubaraclinic@gmail.com